カテゴリー「日本」の48件の記事

2007年8月 9日 (木)

売国・朝日新聞本社前で抗議街宣

強制連行・従軍慰安婦広報司令部。朝日新聞前での勇気ある署名活動のようす。

もうすぐ終戦記念日。

朝日のパフォーマンスが楽しみな今日この頃です。

人気blogランキングへ ← <丶`∀´>謝罪と賠償を要求ニダ

| | コメント (45) | トラックバック (1)

2007年7月28日 (土)

朝鮮総連本部前での選挙演説

朝鮮総連本部、信濃町駅前、歌舞伎町の風景。

新風さんの主張。

言っていることは同感できるんですがね・・・

創○学会池田は朝鮮と言い切る姿は痛快です。

冒頭の罵詈雑言はいただけない。が、これくらいの嫌がらせはしてやった方が良いでしょう。言い方に問題はあるけれど、間違ってはいないと思いますからね。

さて、選挙ですね。

どこに入れようか思案中です。

「絶対に支持しない政党はどこですか?」と聞かれれば即答できる。

しかし、「支持する政党は?」と聞かれると・・・・・悩む(;´∀`)

人気blogランキングへ ← ( ・∀・)ノ ウェルコネ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

日教組

日教組と朝鮮学校と同和団体と自治労と民主党は反日・反政府勢力です。

国会の前で雄叫びを上げ、選挙運動にも顔を出す。

まるで某宗教団体。これが教育者のやることか?

こんな教師を名乗る活動家達が学校で子供達に何を教えているのか?

「算数ドリルの点数が一点上がったと喜ぶ生徒はいない」と平気で口にする教師や、競争で格差がついて”いじめ”に繋がるなどと言える教師に教わった子供が、社会に出てまともにやっていけるのだろうか?

ちゃんと競い合う事を教えなければ、子供には自分の位置が見えないだろうに。

自分の位置が見えなければ成長も無く、堕落していても気がつけないだろうに。

競争を否定し、戦うことを教えなければ学力が低下するのは当たり前の話。

本当は学力にかかわらず全てのものに差があるのに、「君達は皆平等で同じ能力を持った人間なんだ」と嘘を教える。

そして大人になっても現実を理解できずに”自分は他の人間と同じ。同じ能力を持った人間なんだ”と思い込んでいるものだから自分のダメさを分からない。

こうやって連中が引きこもりやニートを作り出してきたんじゃないんだろうか、とも思えてしまう。

”ゆとり教育”世代の被害が出てくるのはこれからだろうな。

偏狂なイデオロギーに染まった活動家連中。お前らの罪は重い。

それにしても、なんで日本の学校の教育組合に朝鮮系の学校関係者が参加しているんだ?

朝鮮総連といえば、拉致事件や犯罪と係わり合いの深いほとんど犯罪組織だぞ、

そんな危険な組織に属する学校の関係者が日本の教育に口を出すのを許すなんてどうゆう事だよ?

日教組の神経が信じられない。朝鮮系の学校でどんな教育が行われているのか知らないわけがないだろうに、最悪の確信犯じゃねえか。(#゚Д゚)ゴルァ!! 

愛国心なんて自然に身についていくはずの感情を、わざわざ教科書に載せようって話が出るのは当然なのかもしれない。

でも教科書に愛国心を載せても無駄だろうなぁ・・・イデオロギー教師は、とくに歴史社会の授業では、教科書なんてほとんど使わないからなぁ・・・・

人気blogランキングへ  ← ( ・∀・)ノ オヒサシブリデス

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年6月16日 (土)

米国ワシントンポストに載せた全面広告

見出しタイトルは”真実”

慰安婦問題で意見広告 櫻井氏ら 米紙に「事実」論証

6月15日8時0分配信 産経新聞

 【ワシントン=山本秀也】いわゆる慰安婦問題をめぐる対日非難決議案が米下院に提出されている問題で、米紙ワシントン・ポストは14日、慰安婦の処遇や旧日本軍の組織関与を論証する日本側識者の意見広告を掲載した。一連の慰安婦問題では、決議案の採択を求める在米韓国系団体の意見広告が同紙などに掲載されてきたが、米主要紙の意見広告を通じた日本からの反論はこれが初めてだ。

 「事実」と題した意見広告は、ジャーナリストの櫻井よしこ氏、政治評論家の屋山太郎氏らによるもので、1ページを使って慰安婦問題に関する事実関係を論証。同じくワシントン・ポスト紙(4月26日付)に掲載された
「慰安婦の真実」と題する韓国系団体の意見広告を「事実にもとづくものではなく、信仰の所産と呼ぶべきだ」と批判し、事実を示して米世論の理解を促している。

 
具体的には、(1)慰安婦の募集をめぐる「狭義の強制性」の否定(2)不当な募集を行った業者の処罰(3)インドネシアでオランダ人女性を強制的に慰安婦とした事件の処罰(4)元慰安婦らの証言に対する疑問(5)慰安婦の待遇-の5点を「事実」として挙げた。

 そのうえで、意見広告は慰安婦となった女性の境遇には心情的な配慮を示しつつ、「客観的に認知された事実によってのみ、正しい歴史認識が共有されるよう求める」と結んでいる。

 同広告には賛同人として自民党29人、民主党13人、無所属2人の国会議員が名前を連ねている。
以上は産経新聞の記事。
そして朝鮮系の報道ではどうだったかとゆうと

慰安婦:日本の国会議員ら、米紙に強制性否定の全面広告

 日本の自民党・民主党・無所属議員45人は14日、ワシントン・ポストに全面広告を掲載し、日本軍の性奴隷(慰安婦)動員に日本政府や軍による強制はなかったと主張した。

 議員たちは大学教授・政治評論家・マスコミ関係者などと協力して掲載した「真実」と題された全面広告で、日本による統治時代に日本政府や軍が慰安婦の動員に介入したという文書はないとして、「日本軍が若い女性を性奴隷とした」というマイク・ホンダ米下院議員による決議案内容は歴史的事実とは異なると反論した。

 この広告は逆に、当時の日本政府や軍が「女性を拉致して慰安婦にしてはならない」という命令を下し、女性を慰安婦としたブローカーは処罰を受けたという韓国マスコミの報道もあったと主張している。議員たちはただし一部の軍人が規律を破ってインドネシアでオランダ人女性を慰安婦として強制的に動員した事実はあり、この軍人は厳格な処罰を受けたと明らかにした。

 広告ではさらに「慰安婦は実際は許可を受けて売春行為を行っていたのであり、その収入のほとんどは日本軍将校に相当するか時にはそれよりも多かった」と主張した。広告はさらに米国で性奴隷の証言をした女性も初めは民間人ブローカーにより捕らえられたと証言していたのに後になって「警察のような制服」を来た人間により拉致されたと述べ、一貫性がないと明らかにした。議員たちは「日本軍が若い女性を性奴隷とした20世紀最大の人身売買事件の一つを犯したという米国下院の決議案は重大かつ故意的な事実の歪曲(わいきょく)」と主張した。日本の議員や知識人たちによるこの広告は米国下院で審議中の慰安婦決議案の通過を阻止するための多角的な努力の一部とみられている。

 しかし日本の議員によるこの広告は太平洋戦争当時日本軍による性奴隷動員に日本軍や官吏が関与したことを認めて謝罪した1993年の河野談話を継承するという日本政府の公式の立場とは異なっている。

ワシントン=崔宇晳(チェ・ウソク)特派員

Photo_9

やっと米国下院でマイク・ホンダが盛り上げたいい加減な韓国主張の ”慰安婦の真実”とゆうインチキ意見広告に対しての反対意見を日本人が主張しました。

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━ !!!

これは4月26日に同紙に掲載された韓国系団体の「慰安婦の真実」と題する意見広告に対するものです。

ただ残念ながらこの広告は日本政府の国是としてではなく、集まった有志の議員や有識者の方々の手によるものなのです。

マイク・ホンダに代表される韓国・中国系の反日団体のてによる南京大虐殺や従軍慰安婦などの宣伝工作は現在も世界中で展開されています。

阿部首相が訪米する以前のタイミングで何故日本政府が国家予算を使用してでもこのような全面広告を出さなかったのか?ちょっとタイミングが遅かった感は否めません。

それにしても、どうして日本のTV局は日本が従軍慰安婦問題で反対広告を出したとゆう事実を大きく報道しないのでしょうか?。

中国と韓国。彼らは欧米の人々の日本や東アジア問題に関しての無知を利用し、慰安婦問題や日本文化など様々な分野で情報を操作して日本を誹謗中傷し、自分達に都合の良い解釈のみで、間違った歴史認識を世界中に吹聴し植え付けようと現在も活動しています。

中・韓系の穿ったいい加減な解釈による歴史の歪曲や捏造を野放しにしていいわけがありません。

日本も政策や国是として、反日運動に対抗してもっと活動するべきです。

人気blogランキングへ ← (,,゚Д゚) ガンガレ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日 (木)

反日利権産業・従軍慰安婦

日本人(高木健一弁護士)が焚き付けたインドネシア慰安婦問題。

平成5年に高木健一氏(金学順さんらの日本政府に対する訴訟の主任)ら、日本の弁護士3人がインドネシアにやってきて、地元紙に「補償のために日本からやってきた。元慰安婦は名乗り出て欲しい」という内容の広告を出した。

当時その広告に反応して名乗り出たインドネシア元慰安婦は2万2千人。

大戦中にインドネシアに居た日本兵は2万人である。これを考えると日本兵一人につき慰安婦が一人以上いたことになりますね。

どうも慰安婦裁判をすれば200万円のお金になるとの話が流布したために、大量の人間が集まったようです。

朝鮮の慰安婦達もこうした日本人がわざわざ韓国まで出かけていって探し集めてきたとゆう経緯があり、

ちなみにこの高木弁護士はこの他にも様々な慰安婦裁判や反日活動での活躍を評価されて、韓国政府より勲章をもらっています。

まさにA級売国奴と呼ぶに相応しい人物ですな。

人気blogランキングへ ← 《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月13日 (水)

朝日新聞の沖縄論

「自治州は見果てぬ夢か」朝日社説(H19.1.14)

米軍基地完全撤廃を実現して、コスタリカのような国家を目指せ!

と訴える朝日新聞のファンタジー。

沖縄から米軍が撤退したら一番喜ぶのは中国でしょうねぇ。

彼らに言わせると尖閣諸島と沖縄は中国領土らしいので、沖縄が独立しようものなら大喜びで攻めてきそうな気がします。

人気blogランキングへ ← (´∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月 8日 (金)

李登輝元台湾総統 靖国神社に参拝する。

TV局各社、微妙に報道姿勢が違いますね

2007.6.7李登輝氏、靖国神社参拝 TV報道(11:30~12時すぎ)

日テレ→TBS→フジ→テレ朝→NHK-BS→NHK 日テレ→TBS→フジ→テレ朝→NHK-BS→NHK

2007.6.7李登輝氏、靖国神社参拝 TV報道(17:00~18:20)

テレビ東京→TBS

中国は強烈な不快感を表明。

日本政府は私人の行動に対してコメントすることは無いと表明。

李登輝氏はやっと念願の靖国神社参拝を実現させましたね。

李登輝氏は戦後長い間、元台湾総統とゆう立場、また台湾独立派の旗手として、中国からの圧力や日本の親中派等の妨害によって靖国参拝どころか訪日さえもできない時期がありました。

日本政府も今回は李登輝元総統に靖国参拝中止を要請することはなかったようですし、

中国政府も参拝を黙認した日本政府を非難したわりには、日中関係を重視する姿勢は崩さないようです。

来年にオリンピックを控えている中国。

安部総理も靖国参拝をするなら今がチャンス。

今なら中国に多少の嫌がらせしても、国を揚げた大げさな反応はしてこない。

また大規模な反日暴動が起これば、それはそれで北京オリンピックの良い宣伝材料になるはずです。

人気blogランキングへ ← (,,゚Д゚) ガンガレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

NHKは日本の国営放送局?

中国国営放送局NHKの4/27時論公論

戦後保障と日本の損害賠償についての最高裁判決は、中国側から見て”一方的な解釈をして判断した”と番組の解説員はかなり不満があるようです。

原告敗訴の厳しい判決が続いているらしいのですが、”厳しくない判決”とは、いったいどんな判決なのでしょう?

ちなみに中国政府は「裁判所の解釈は不法であって無効だと」言って、判決を全面的に否定。

中国政府は日本の裁判所に何度も申し入れをしていたが、裁判所が「勝手な解釈をした!。」とかなり御立腹のご様子。

他国の裁判所に一国の政府が”度重なって申し入れ”をしたあげく、そんなも判決は認めないと宣言する。

いったいどうゆう国なんだか・・・

損害賠償を支払う=正しいこと。とゆう観点に立って番組を制作しているとしか思えないのは偏見でしょうか?

中日国営放送局に局名を変えた方がNHKにお似合いのような気がします。

人気blogランキングへ ← シナ━━━( `ハ´)━━━ !!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

朝日テレビで憲法9条と靖国を語る人々

憲法を読む-石坂啓 辛淑玉 松崎菊也 永六輔 中山千夏

番組タイトルは「おんな組 憲法を読む」

殺されても殺さない、相手にどんなことをされても何もしない。

自衛で戦争をして人を殺してきたから自衛権もいらない。

やはり完全平和主義者は素敵です。

原爆と靖国参拝を同列に語られてもね。

この人たちの言うアジアとは北朝鮮・韓国・中国だけなんでしょうな。

朝日らしい番組です。

人気blogランキングへ ← ( `ハ´) (´・ω・`) ヽ<`Д´#>ノ 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

元日本兵の証言 - 従軍慰安婦

慰安婦訴訟に元加害兵士が証言

タイトルと報道を見ると、まるで”従軍慰安婦問題の加害者証言”のように受け取れますね。

しかし所謂従軍慰安婦問題とは、”軍による組織だった強制連行があったかどうか”とゆう事につきます。

この元日本兵の犯した性犯罪と、日本軍に強制連行されて慰安婦にされたと訴訟を起こした元従軍慰安婦を名乗る婆さんと何の因果関係があるのでしょう?。

この元日本兵は、「見つかりませんでしたが、私は上官と一緒に中国人女性を輪姦したことがあります。」と言っているだけで、軍命令で女性を拉致してきて輪姦したあげくに慰安婦に仕立て上げ、慰安所で売春業を行ってましたとは言っていませんね。

例によって、元日本兵が性犯罪を犯していたのだから、日本軍による強制連行は事実に違いないと言いたいのでしょうが、日本軍が”軍策”として強制連行してレイプしろと兵に命令したとされる証拠は現在も見つかっていないのだから、この元日本兵の証言は彼個人の犯罪の話であり、一部の元日本兵の個人的な犯罪を日本軍による強制連行説に結びつけるのもおかしな事です。

番組では「中国で自らが関った旧日本軍の行為を初めて証言!。」と、証言した彼の行動をまるで善行のように受け取れる報道をしてますが、言葉的には「中国で自らが犯した犯罪行為を初めて証言!。」と言った方がしっくりくるのではないでしょうか、

わざわざ個人の犯罪を”旧日本軍”のとゆう言い方をするあたりにスリ替えの意図を感じます。

ただの凶悪なレイプ犯である男が、自分が戦争中隠れて犯した犯罪行為をまるで慰安婦問題や旧日本軍の一部のように話してるの事を”元”加害者などとゆう言葉を使って放送する。こんな報道のしかたには疑問を感じえません。

タイトルは”性犯罪者が慰安婦問題に証言”とした方が良かったのではないかと思いますね。

この元従軍慰安婦婆さんが敗訴した場合は、この元日本兵について報道される事は無いのだろうな・・・。

人気blogランキングへ ← | ゚Д゚| ノ イカガナモノカ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧