« 三式戦闘機、飛燕-土井武雄(設計士) | トップページ | たかじんのそこまで言って委員会(立てこもり事件) »

2007年5月28日 (月)

たかじんのそこまで言って委員会(光市母子殺害事件)

光市母子殺害事件

死刑反対派の安田弁護士の「犯人殺意無し」の言い草。

「生き返らせる儀式として、死体を陵辱した」などと言い、自殺した加害者の母親とダブらせた母子回帰ないし母体回帰の事件であると主張する弁護団。

絞め殺した小さい子供に対して、首に蝶々結びで紐をかけたのは「母親をなくして泣き叫ぶ子供に対して行われた兄としての償いのリボンであった。」

「殺意の存在を否定して、傷害致死事件に該当する。」

これが弁護士の言う言葉か?

21人の弁護士は何を考えて、そして何を狙っているんでしょうか?

弁護士会にあの21人の弁護士の懲戒請求をしましょう。

80-90年代メディアは情報操作で死刑廃止へと世論を誘導した そこまで言って委員会(2006/10/01)

殺人鬼に人権なんかいらんやろ。

人気blogランキングへ ← ■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ 

|

« 三式戦闘機、飛燕-土井武雄(設計士) | トップページ | たかじんのそこまで言って委員会(立てこもり事件) »

たかじんのそこまで言って委員会」カテゴリの記事

コメント

【国民の権利デス】光市母子殺害事件 キチクな弁護団に懲戒請求を出しましょう。興味のある方は参照願います↓
http://www34.atwiki.jp/tyokai-seikyuu/pages/1.html

投稿: Ulthima Thule | 2007年6月 2日 (土) 17時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390389/6578608

この記事へのトラックバック一覧です: たかじんのそこまで言って委員会(光市母子殺害事件):

« 三式戦闘機、飛燕-土井武雄(設計士) | トップページ | たかじんのそこまで言って委員会(立てこもり事件) »