« 大統領のコメント | トップページ | パンパンガール »

2007年5月31日 (木)

資料館展示見直しに中韓の声

中国新聞

原爆資料館(広島市中区)を運営する広島平和文化センターのスティーブン・リーパー理事長は30日、館の展示内容を見直す検討委員会に、中国、韓国人らアジア出身の委員を起用する方針を明らかにした。リーパー理事長は中国新聞のインタビューに、「原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定する考えが根強いアジアの声に触れながら議論を深め、多民族が共感、納得できる施設にしたい」と述べた。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200705310023.html

広島平和文化センター理事が当事国のアメリカ人なのがちょっと不思議。

それはさておき、原爆投下を『日本の植民地支配から解放した』と肯定する考えが根強いアジアの声とは具体的にどの国のことなのでしょうか?

何で原爆資料館に「原爆焼肉パーティー」などと平気で口にする国民の国や核武装している国が入る必要があるのでしょう?

中国と韓国が入る事によって、日本は原子爆弾を落とされてもしかたがなかった悪い国家っだった的なものになっていくような気がしてなりません。

原子爆弾投下を肯定している国々によってまともな資料館などできるのだろうか?

Hiroshima!

人気blogランキングへ ← | ゚Д゚| ノ イカガナモノカ

|

« 大統領のコメント | トップページ | パンパンガール »

日本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/390389/6616852

この記事へのトラックバック一覧です: 資料館展示見直しに中韓の声:

» どこまで腐ってるんだ… [Bohemian Rhapsody]
中国新聞 地域ニュース 資料館展示見直しに中韓の声 '07/5/31 ?  原爆資料館(広島市中区)を運営する広島平和文化センターのスティーブン・リーパー理事長は30日、館の展示内容を見直す検討委員会に、中国、韓国人らアジア出身の委員を起用する方針を明らかにした。リ... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 00時53分

« 大統領のコメント | トップページ | パンパンガール »